みなさんこんにちは!
物件の設備は消耗品なのでいつかは絶対壊れます。
そうした壊れた際に迅速に対応できないと2次クレームが発生し、
入居者様に家賃を保証したり退去してしまうという事が発生します。

本日は設備トラブルが起きた際に迅速に対応する方法をご紹介します。




【給湯器】
冬場に給湯器が壊れるのは戦慄しますよね・・・。
現地に設備屋さんが見に行って、見積をしてまた交換しに行くという事で、
そんなことをしていると1週間は交換できない事態に陥ります。
冬の1週間お風呂に入れないのはかなりしんどいと思います。

そこで迅速に交換できる方法をご紹介します。
1.金額○○円以内であればその場で施工してもらう
2.予め給湯器の写真を撮影しておく
3.過去に交換した同じ業者さんに再度依頼する


が考えられます。
1.金額○○円以内であればその場で施工してもらう
→業者さんによっては在庫を抱えており、手持ちの給湯器で交換できてしまう可能性が有ります。
その時に備えて予め○○円以内であれば施工してくださいとお伝えしておくことで、
再度訪問せず交換が出来ます。

2.予め給湯器の写真を撮影しておく
→給湯器の品番・どこに付いているのか・どの様な配線なのか(カバーを外す)・リモコンの品番とどこに付いているのか。
の写真が有れば、業者さんにメールする事ですぐに見積を出せる可能性が有ります。
ですので空室の際にその辺の写真を撮影しておくことで、
発注まで出来ますので初回の訪問で交換できるという事になります。

3.同じ業者さんを使う
→以前利用したことが有る業者さんですと、現地に行かずにすぐに見積が出せる場合が有ります。


あとは業者さんによっては仮復旧(一時的にお湯を出すこと)が可能な場合があるので、
確認してみてください。
次回はエアコン交換についてご紹介します。